FC2ブログ

新潟県魚沼市在住 こしひかり農家のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学5年生の質問に私なりにお答えしました。

横浜市の小学5年生より質問が来ましたのでお答えしました。

これまでのいきさつ...
こちらの学校で5年担任の先生が、5月7日に生産者「坂大輝夫(父)」を訊ねてこられた際、当社(株式会社 米 輝)によっていただき、色々お話しをさせていただきました。

質問がありましたら後日連絡くださいと、気軽に挨拶しましたが...思いもつかない質問を沢山いただきました。


質問にお答えします。

1.米輝の名前の由来は?
米輝は平成14年に「自分たちが作ったコメは自分たちが販売しよう」の掛け声のもと出来た会社で、光り輝くコシヒカリをイメージして「米輝」となりました。また、商標登録の関係で「輝き米」とかは使えなかったのも一因です。
「米輝」は株式会社 米 輝の登録商標です。

2.米輝の米袋には、なぜ、生産者の顔写真を載せるのですか?
コメを栽培した生産者を知っていただきたいと言う思いと、
写真を載せることにより、生産者には自分のコメに対し責任をもっていただくためです。

3.米輝の米袋には、なぜ、「魚沼は四季が輝いているところ」を載せるのですか?
魚沼は雪がすごく多く降りますが、春は一気に緑になり、四季がハッキリしている地域です。そして「魚沼は四季が輝いているところ」と言う文言は、米輝の”輝”と掛けて魚沼のすばらしい四季を表現するため使っています。

4.一日の仕事の様子を教えてください
私「坂大修」は会社で勤務していますので、am8:00~pm6:00まで会社にいます
父「坂大輝夫」は、朝4時半頃起き、am5:00~am7:00 田んぼの水の点検・なすの収穫、am7:00~am8:30 朝食、am8:30~正午 田んぼ・畑の色々な作業
正午~pm2:30 長めの昼休み、暑い時間帯は外仕事を控えています。また仕事が午前中に大方済めば午後は休みにします。 pm2:30~pm5:30 田んぼ・畑の色々な作業(作業内容は時期・天気で色々あり一言では説明できません)
pm7:00 夕食、pm8:30 就寝します。

5.農薬を少なくできるのはどんな工夫をしているからですか?
イネの栽培にあたり、品質の良いコメを適正量収穫するためには、農薬の使用が不可欠です。一口に農薬と言っても目的別に様々有り、また使用成分も1成分のものから4成分含有するものまで何千種類もあります。
その中で本当に必要な成分が入っている農薬だけを厳選して使用しています。

魚沼地域の場合、普通栽培の農薬成分上限は19成分ですが、特別栽培[減農薬・減化学肥料]の農薬成分上限は9成分です。毎年色々な農薬が新しく出ますが、必要なものだけ選んで使っています。

ちなみに、ご家庭にある風邪薬を例にあげると...
「総合かぜ薬 パ○○ンS」の場合、有効成分は○○塩4mg.○○酸塩8mg・・・・と有効成分が9成分入っています。つまり一度に9種類の薬を飲んでいることになります。
医薬と農薬は違いますが、化学合成物質であることは変わりません。

6.米づくりを続けていくうえでどんな悩みをおもちですか?
色々ありますが、大きく3つ問題がありますのでお答えします。

①後継者不足の問題
魚沼市では現在主としてコメづくりを行っている年齢が65歳~75歳です。若い後継者も若干いますが、10年後20年後、今のようにすべての田んぼを耕作できるか心配です。
現に、山あいの不便な田んぼは、耕作せず荒れ地になる田んぼがどんどん増えています。大規模農家ほど効率を重視しますので「お金をもらっても作れない」と言って、全く興味を示しません。

②農業所得の問題
コメの価格は、以前に比べずいぶん安くなってしまいました。必要な経費は少しずつ上昇しているので、いわゆる利益部分がどんどん少なくなっています。
一般的な稲作農家の場合、平成元年~9年頃は利益部分が6割位ありましたが今は2割程度です。自分と家族の労務費(賃金)を入れれば赤字になります。
今の大規模農家は、大型機械を使い、少ない人員と少ない作業時間で効率的に仕事をしているので何とか利益が出ています。

③TPPの問題
政府は「コメは大丈夫」と言っていますが農家は全く信じていません。
いずれ安いコメが入ってきて、外国のコメと必ず競争になります。
消費者の皆さんは「私たちは国産米を買うから大丈夫」と言いますが、今流通しているコメの半分以上が「業務用米」と言って「弁当・おにぎり」「食堂・レストラン」などの外食・中食用のコメです。「業務用米」の場合、産地・品種・銘柄の指定はほとんど無く、品質の良いものを出来るだけ安く買って使用していますので、国産・外国産問わず条件が合えばどんどん使用します。
ちなみに...
大手回転寿司チェーンの場合、ネタのほとんどが外国産ですが、コメも以前外国産を使用していた時期もありました。今は国産米を使っています。

以上、乱筆乱文ですみませんでした。

平成28年6月29日
株式会社 米 輝 坂大修
TEL 025-792-5786
FAX 025-792-8090




水不足が心配です

20160608.jpg


魚沼地方では田植えがほぼ終わりました。

5月は天候良く、順調に育っていますが雨が降らず困っています。

GW以降まとまった雨が降っておらず、山間の天水田では水をためることが出来ず、田植えをあきらめた田んぼが多くあるそうです。

先人の言葉に「小雪の年に水不足無し」とありますが....

春先から水不足が心配です。



間もなく田植えが始まります

CIMG5189.jpg


今年は雪が少なく、春作業は順調に進みましたが、田植えは例年どおり5月中旬の予定です。

魚沼の田んぼでは、水を張り代かき作業が進んでいます。

4月は天候が安定せず、強い雨、強い風が吹いていましたが、5月になり天候が安定し田植えに最適な日和が続いています。

魚沼市の田植えは、概ね5月15日から5月25日位まで最盛期になります。

よい天気が続くことを願っています。



春作業が始まりました。

20160419


先輩農家”荒井英夫”さんでは、種まきが終わり、苗が順調に生育しています。

荒井さんは一般的な農家より2週間ほど早く種をまきますので、すでに苗は緑化しています。

我が家では、昨日種まきをしたばかりなので、GWころ緑化する予定です。


今年は雪が少なく春作業は順調ですが、4月は天候が安定せず、急に寒い天候になるため気が抜けません。

昔から”苗半作”といって、丈夫な苗を作ることはとても重要です。天候の安定を願っています。




早い雪消え

雪消え


昨年の今頃は2m近く雪が積もっていましたが、今年はご覧のように間もなく雪消えです。

これだけ早い雪消えは、私が分かる範囲では初めてです。

春の農作業は例年に比べはかどりますが、時期にならないと霜でやられることがありますので、田植えや野菜苗の定植は例年通りの時期になると思います。

ただし..山菜は、雪が消えると一斉に出てきますので、春の味覚は早く楽しめそうです。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。