FC2ブログ

新潟県魚沼市在住 こしひかり農家のひとりごと

米の集荷・検査が最盛期を迎えました。

kome20150929.jpg


米の集荷・検査が最盛期を迎えました。

まわりの田んぼでは稲刈りが進み、8割以上刈り取りが終わりました。

玄米にするためには、刈り取り後、乾燥・調製・袋詰めの作業があり、袋詰めまで農家が行い、袋詰めした米袋(30kgカミ袋と900kgフレコンがあります)を業者が集めに行きます。

集めてきた米は、農産物検査を行い等級を付け、等級毎・地域毎・栽培方法毎に12区分に分類し保管します。

写真は農産物検査を控えた米です。概ね3日に1回のペースで集めてきた米を広げ検査を行います。

9月26日現在で、予定数の44%が終わり、明日の検査では60%弱になる予定です。

米の集荷・検査は今まさに最盛期で、1年で一番の繁忙期です。






稲刈り直前です

20150917-1

お盆以降、曇天・雨の連続で、生育がずいぶん遅れてしまいました。

本来は9月15日には稲刈り最盛期になるかと思われましたが、シルバーウィークにずれ込む見込みです。

連休は天気予報も良いので、家族総出でそして帰省して手伝う方も多いと思います。

今年の秋の連休、新潟県はいつもより人口が増えそうです。


FC2Ad