新潟県魚沼市在住 こしひかり農家のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は雨

20080531121617
今日は朝から雨が降っています。
雨が降ってちょっとうれしいことは、田んぼの水見(みずみ)を休めること。雨が降ると十分水がたまっているので特に田んぼへ出かける必要はありません。(水がたまりすぎるとオーバーフローして排水できるよう水尻を調整しています)今日は寝坊して7時に起きゆっくり会社へ来ました。
近所の田んぼはほぼ田植えが終わりました。農家も一段落の時期を迎えています。
スポンサーサイト

小出商工会へ行ってきました。

20080530114017
久しぶりに商工会へ行ってきました。
いってビックリ、若い女性職員が多いんですね!なんか恥ずかしくなりました。
今度行くときはかっこいいスーツを着ていかねば!!

ところで小出商工会の新事務局長は同郷(魚沼市十日町)でブログもとても熱心な方です。
そんな縁もあり。小出商工会 事務局長の日記ですをご紹介します。
私の大先輩であり、私より詳しく我がふるさとの農業を紹介していただけると思います

水見(みずみ)

20080529160246
田植え後は朝晩毎日田んぼの水見(みずみ・水管理)をします。私の管理している6反歩(6000?)は昔からの古田で、土の用水路から水を引き込んでいます。
用水路に肥料袋で作った土のうを入れ水をせき止め田んぼに水を入れます。用水路を全部遮断してしまうと下流の田んぼへ水が入れられなくなるので、せきから水が漏れるくらいに低めにようがいします。
春は雪どけ水が豊富で写真のようにいっぱい流れていますが、8月のお盆の頃が毎年渇水になり、用水路が干上がってしまうことがしばしばです。そんなときは天気頼みなので、夕立が来てくれると本当に助かります。

今日は変な天気です

今日は”むっ”とするようないきれっぽい天気でした。なんだか頭が”ボー”としています。

田植えが終わりました

20080528120221
5月21日(水)から始まった田植えも5月24日(土)にすべて終わりました。これからの作業は、田植機で入れなかった角や進入路を手で植え直しします。
年齢のせいか、一気に植えたせいか、今年の田植えはものすごく疲れました。しばらく休んで植え直しをする予定です。
私の父、母も同じように田植えをしていましたが本当に”タフ”でビックリします。全然疲れた様子が見えません。まだ弱音を上げるわけにはいきませんね・・・

我が家でも田植えが始まりました。

20080521185859
今日は天気も良く風もなく絶好の田植え日和です。
我が家でもいよいよ田植えが始まりました。今日はちゃめぇ(朝早く5時から)から田植えをはじめ午後6時まで植えました。植えた面積は2.4haになりましたが田植機も調子よくトラブル無くすみましたので予定よりかなり多く植えることができました。順調にいけば25日(日)にさなぶり(田植え終了)になる予定です。

風が強いです。

20080519121430
今日は天気が良く暖かいのですが、風が強いです。強い風の時田植えをすると、苗が風にあおられ土からぬけ漂流してしまいます。
昨日・おとといは多くの田植機が出動していましたが、今日は小休止です。

近所では田植えが始まりました。

20080517151042
20080517151039
会社の前の田んぼで、先輩農家 荒井英夫さんが田植えを始めました。今日は天気も良く暖かく絶好の田植え日和です。手伝いの香里さんは帽子を深々とかぶり日焼け止めを多めに塗って来ましたが、紫外線も強力なので真っ黒に日焼けするでしょう。
今日・明日は魚沼市の田植えの最盛期です。あちらこちらで田植機が忙しそうに植えています。気温も安定し早く根付いてくれるよう期待しています。

なすを植えました。

20080516133824
今日は天気も良く、田植えまでまだ10日くらいありますのでなすを植えました。
今年私たちの魚沼市では減反(稲を植えてはいけない田んぼ)が25%の割合で農家に配分させました。写真の畑も本来田んぼですが、稲を植えられないので代わりになすを植えました。
面積は約450坪=1反5畝あり、460本ものなすです。ほとんどが地元の漬物屋(幸源さん)へ出荷しますが、会社でお米の個人宅配のおまけにも使います。今年はいっぱい植えたので、いっぱいおまけが付けられると思います。たくさんのご注文をお待ちしております。

大雨です

今日は朝から雨でした。午後からは大雨になり寒い一日でした。

ゆっぷり掛け

20080514193108
荒かき、代かきの後、「ゆっぷり」を掛けます。
「ゆっぷり」とは田のドロをたいらに直す道具で機械が入らない四隅や進入路をならします。
昔は木製でしたが、今では軽いアルミ製のものがほとんどで、ホームセンターでは「レイキ」として販売されています。
写真の荒井英夫さんが言っていました「畑をならすものはレイキだが、田をならすのはむかしっから『ゆっぷり』だんなんがのぉ」この時期、トラクターの後ろや軽トラに「ゆっぷり」を積んでいる農家が多くいます。田植え前の慣習です。

荒かき

20080513094022
荒かきが始まりました。
荒かき(あらかき)とは?代かき(田の土と水をかき混ぜて平に均す作業)の前作業です。
一度代かきの機械(ハロー)でかき土を水にならします。この作業により代が平にキレイに仕上がります。

天気いいですが寒いです。

20080512124245
今日は天気が良く晴れていますが寒いです。正午時点で16℃しかありません。もう少しで田植えが始まりますが(早い農家は始めています)寒いと苗が根付かず、風などですぐ浮いてしまうので暖かい日に植えたいと思います。でも・・・毎年私が田植えを始めると雨が降り始めるような気がします・・・

種まきから3週間たちました

20080509131041
種まきから3週間たち苗は3枚目の葉が順調に伸び始めています。
ゴールデンウィークは例年より天候気温とも良く、予定より4日から5日生育が進んでいます。
特に5月4日は魚沼市の最高気温が31.5℃となり真夏のような暑さでした。農家では苗が焼けないような対策をとりましたが、近所の農家では苗が暑さに負け50枚くらい黄色くなった方もいます。
暖かくなるのはありがたいですが、急激な変化は農家を悩ませます。

コシヒカリの苗

20080509131037
4月19日に種まきをした苗もずいぶん大きくなりました。すずめよけのネットで覆ってありますが今日はぐ予定です。

畔つくり

20080509131015
田んぼの畔つきをしました。
田んぼの畔は水をためておくために非常に重要です。良い畔にすると水をためた場合4日から5日は水を入れなくともたまっていますが、悪い畔だと1日で水がぬけてしまい、毎日毎日水を入れなければなりません。特に春先は水が冷たいのでできるだけ暖かい水をためておくことが重要です。
冬の間にモグラ、ネズミが畔にたくさん穴を開けるので毎年畔つきをし直します。

田起こし

20080501150435
田起こし(地元では「田ぶち」と言います)が始まりました。トラクターで固くなった土を起こし、田んぼの上の土と下の土をかき混ぜ土の中の栄養をまんべんなく稲に吸収させるための作業です。
今ではトラクターで行うので短時間で多くの面積ができますが、祖父の時代は三本鍬で起こしていたので、一番の重労働だったそうです。

今日はとても暖かく27℃くらいまで気温が上がりました。苗も順調に生育しているので予定より早い田植えになると思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。